MENU
メニューを閉じる
MENU
ABOUT

CPサッカーとは

HOMECPサッカーとは

CPサッカーとは

CPサッカーの基本情報

CPサッカーの基本情報

「脳性まひ者7人制サッカー」として、国内では通称「CPサッカー」と呼ばれています。
CPサッカーの「CP」とは英語の「Cerebral(脳からの)」「Palsy(麻痺)」の略で、脳性まひという意味です。
英語表記では「CP Football」とされています。

1984年よりパラリンピック正式種目となっています。残念ながら2020年東京パラリンピックでは、競技種目から外されてしましましたが、再度2024年パラリンピック種目に復帰できるよう各国で活動をしています。
パラリンピック以外でも、アジアオセアニア選手権や欧州選手権・世界選手権もあり、世界的に盛んに行われています。
世界レベルは高いですが、未来の日本代表選手にチャンスのある競技です。

CPサッカーのルール

CPサッカーのルール

ルールは、下記の部分以外は、ほとんど一般のサッカーと変わりません。

  • 基本1チーム7人(うち1人ゴールキーパー)で行う。
  • フィールドの大きさは70m×50m、ゴールは5m×2m
    (少年サッカーとほぼ同じです)
  • 両手で上からのスローインが出来ない人のために、片手で下からのスローインを認めています。
  • オフサイドルールはありません。
  • フリーキックなどは、ボールから7m離れる。
  • 女性も参加可能 ※2017年1月改正
  • 交代は、最大3回、最大5人まで(例1回目2人、2回目2人、3回目1人や1回目1人、2回目1人、3回目3人もOK)※2017年1月改正

公式戦以外では、健常者も一緒にゲームを楽しむことの出来るサッカーです。
詳しくルール内容を知りたい方は下記のルールブックをダウンロードください。

競技対象者について

競技対象者について

杖なしで、歩・走行可能な肢体不自由者(脳性まひ、脳外傷、脳血管障害等による四肢麻痺、片麻痺、両麻痺等)が対象となります。

試合を公平に行うために、プレーヤーは障害のタイプや程度により、FT5、FT6、FT7、FT8の4つのクラスに区分され、試合中ピッチ内7名の中で、必ずFT5又はFT6を2人以上、FT8については1人以内の競技者で構成するルールとなります。構成出来ない場合は6名でプレーすることになります。

詳しい障害のタイプはこちら

[ CONTACT ] お問い合わせ

CPサッカーの国内外の普及活動に、共に取り組んでいただける
競技者、協賛パートナーの皆様からのご応募をお待ちしております。

お問い合わせはこちら

page top